時間を味方につける

時間の流れは一定で、誰にでも平等に時間はありますよね。
その時間をどのようにして過ごすかで感じ方は人それぞれだと思います。

楽しい時間は短く感じたり、辛い時間は長く感じたりするのがそれにあたりますね。

相場でも同じことだと思います。

含み損を抱えている時間は長く感じ、
含み益の時間は短く感じる方もいるかもしれませんね。

相場がわかりにくい時に、
5分足をずっと観ているのか、日足をずっと観ているのか?
5分足をサッと観るのか、日足をサッと観るのか?

わかりにくいと感じた時に、時間足を週足に切り替えて観ることができるか?
切り替えたら、当然、自分の時間軸も相場に合わせる必要があります。
ここがなかなか難しいところです。

エントリーポイントまで待てず、中途半端なところでエントリーをし、含み損を抱える時間が長くなる。
リミットまで待てずに、チキン利食いしてしまう。
リミットに到達していても、時間軸がずれているため、利益確定のタイミングを失ってしまう。
ストップまで許容できずに、損切り貧乏になってしまう。

どれも自分と相場の時間軸のズレによるものだと思います。

第一に自分のライフスタイルが優先されると思います。
そしてライフスタイルにあった時間軸で取引することが、
ストレスもなく、良い実を結ぶのでしょう。

今日は、『時間』について考えてみました。

関連記事

重要経済指標

金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー

Twitter

特集記事

TOP